products

spacer

spacer

Home >> 产品介绍 >> インクジェット関連装置

Topix

プリンタブルエレクトロニクス展に出展します

2017年2月15日~17日に行われる、プリンタブルエレクトロニクス展に出展します。

銀ナノインク取扱い開始

中国でのマスターマインド取り扱い開始

ダイマティクス取り扱い開始

プレシードが提案できるインクジェットソリューション

インクジェットの選定支援

 国内外の産業用インクジェット(ピエゾ方式)メーカーヘッドが取扱い可能です。

取扱い実績のあるメーカー

RICOH様ヘッド、XAAR様ヘッド、京セラ様ヘッド

お客様のニーズに合わせて最適なヘッドのご提案を致します。

matecon

当社の豊富なインクジェット開発経験を活かし、

お客様のニーズを読み取り、各ヘッドメーカーの個性を活かした

ヘッドの提案をさせていただきます。

お客様の用意するインクや溶媒に対しての接液テストも行っております。

otoiwase

インク吐出実験/デバイス試作支援

インクジェットメーカー数社のヘッドを使用出来る評価設備を揃えています。

demoroom

 

・テストルームでの吐出試験

 

吐出実験、デバイス試作支援致します。(有償)

coverglass test

makuatsu test

・カバーガラス塗布テスト

・膜圧テスト

otoiwase

開発用インクジェット装置のご提案

開発用のインクジェット装置PREISをご提案致します。

PREIS HONTAI.png

装置仕様
 装置サイズ

  W950mm×H785mm×D1420mm

 搭載ヘッド数

  1
 電動アクチュエーター
  ヘッドユニット可動用

   ストローク:500mm /移動速度:Max30m/min

  テーブルユニット可動用

   ストローク:600mm /移動速度:Max30m/min

ワーク仕様
 印刷可能ワークサイズ

  390mm×490mm、厚み 5mm まで

  ※ワーク材質については問わず。ワークは吸着ステージにて固定

  ※ワーク加温用ヒーターオプション有

 otoiwase

インクジェット量産印刷システムのご提案

様々な分野で培ってきた技術をベースに前後システムとの融合を含めて量産機を具現化します。



 IJによる印刷迄のステップ

STEP1ヘッド材料とインク耐性

撥水膜、樹脂、接着剤、金属等、構成部材について耐インク性を確認が必要となります。

新規材料の場合は接液確認テストが必要が必要となります。

STEP2インク物性の調整

①粘度、表面張力のインク物性の調整

②添加剤の選定(湿潤剤、界面活性剤、消泡剤、防カビ材等)

STEP3吐出波形の調整

①インク物性、系全体の固有振動数より下記の様にヘッドへ電圧駆動波形の設計

head pulsehead fig

②実際にインク吐出をさせながら、飛翔状態をカメラで観察し、駆動波形の最適化を実施

 ink prot

otoiwase

 

newcommer

akane banner

banner NP

windturbine banner

psilink

preceed thailand banner

drone banner

facebooklink