profile

spacer

spacer

Home >> 会社案内 >> ビジネスカタパルト事業 >> ビジネスカタパルト事業戦略(起案文書)

ビジネスカタパルト事業戦略 (起案文書)

 創業以来、設立の大きな目的の一つである新しい事業を立ち上げるフィールドにプレシードをしたいというのがありました。思いをもって入社する人たちに「プレシードはフィールドだ、そこに自分が思うようなビジネスプランを描き事業を起してもいい」、と事ある毎に言ってきました。

 

 ゼロからの起業は総務、経理、財務、人事、購買など基本的な会社機能を運営するのに多くの時間とエネルギーを費やしてしまいます。企業信用の確率も時間を要します。取引の信用は創業したばかりの起業には大きな壁です。口座開設など意味も分からない言葉に途方に暮れることも多いのです。今まで、採用時に思いある人たちには「すでに設立されたプレシードというフィールドを使って自分の夢の新規事業を始めてもいい。」と伝えてきました。 今まで幾つかのプロジェクトプランと出会い、資金提供だけに終わったものもあれば事業開始して成果を出せず時間と資金を費やしただけのもの、多額の費用投下後に座礁し、その後の再挑戦で成長期に向かっているもの、最近スタートして順調に育ち始めたもの等々様々な形での実績を残しています。

 

 今後もプレシードは既存市場でパイの奪い合いビジネスに参入するより、新たな市場を開拓するビジネスに挑戦する能力を持つ次世代を育てたいと思っています。プレシードの技術力、技術評価力と資材調達能力、人脈、国内外への広域展開力、顧客を裏切らない企業信用力などを用いて、小さなチームが新たなビジネスフィールドでの起業を支援し立上げを加速するという機能を、航空機射出カタパルトにたとえ「ビジネスカタパルト事業」と呼ぶことにします。

 

 モノづくりが日本国内で衰退していく中で、新分野を切り拓く事業立ち上げは今後ますます重要度が増すでしょうが、多くの創業者にとって、創業期は事業テーマ以外の問題が大きな壁として立ちはだかり、その対応に多くの時間と資金を浪費し、ある人は失速失敗し、ある人は想定外の長い期間を費やしてしまうことでしょう。

 

 新規事業の起案提唱者と共に短い期間での立上げに挑戦し、失敗リスクを減少させ、成功すればその得られる利益の一部を更なる新事業に向けるという運営をプレシードの事業として大きな柱に育てることを目指すものです。

 

 今後、日本の製造業の世界が拡大再生産型ビジネスは次第に消滅していくと予測される中で、ビジネスは常に高品質少量多品種と短命あるいはニッチの新規開発商品で生き残っていかねばならないし、多くの挑戦者が思いを込めたビジネスで新市場を開拓創造する機会が増えねばならないと考えます。しかもその立上げは高い完成度でかつ迅速であらねばならないことでしょう。そこには多くの直接部門、間接部門の事業運営ノウハウと軽快なフットワークが求められます。創業時より多くの技術開発や新市場挑戦を繰り返してきたプレシードであれば、そこに事業運営経験と人脈、技術リサーチ、評価能力など活用できるフィールドを提供できます。主人公はあくまで覚悟をもったビジネスプランナーであるのは言うまでもなく、プレシードはその夢実現のパートナーでありたいと願っています。

 

2015年3月14日

 

newcommer

akane banner

banner NP

windturbine banner

psilink

preceed thailand banner

drone banner

facebooklink