president

spacer

spacer

Home >> 社長の部屋 >> 社長アーカイブス >> 随想編 >> 熊本城マラソンへの道 その2
熊本城マラソンへの道 その2

熊本城マラソンへの道 その2

その後の報告。


 週に3回、8キロ程度の早足ウォーキングを遣ったら膝を痛め、歩くことさえ厳しい状況となった。昨年、ひざの手術をした病院へ行ったところ湿布薬を貰った程度でマラソン参加は大丈夫と言われた。痛みからすればそれでも不安があったが、病院の指示通り膝のリハビリを自己管理で行い、やっと再開したウォーキング前の準備運動をするようになったことで今は殆ど痛みがなくなった。


 足の故障で得た教訓は準備運動と整理運動をするという実に簡単で当たり前のことだった。自己流ではなく自分の見識が浅い分野への挑戦は、先ずは先人の経験を模倣することだと思い知った。私はあらゆる運動をする時に、これを全く意味ないおまじない程度に軽く考えていた。今回の病院のアドバイスで運動前は必ず準備体操と終わっての整理運動を重視することとした。運動前後のたった5分が重要だったのだ。


 ともあれマラソンへの道も残り100日を切った。次第に不安も募る。今までの実績は時速6㎞以上で2時間歩いたことと、時速8.3㎞のジョギング30分までまだまだ道は遠い。
 もっとも嫌いだった長距離走への挑戦だから価値がある、不得意なこと、逃げたいことに挑戦するための気概を創り維持することに意義を見出そうと自分に言いきかせるが、まだゴールは遥か彼方だ。出発点にさえたどり着けるのかも見えないが、二宮尊徳と同じ農耕民族の末裔だ、“今日の務めの田草を摘む”のみ、その他は考えまい。(笑)

 

今朝の記録
ウォーキング2.31㎞/20:20、ジョギング4.30㎞/30:32、整理1.70㎞/14:30

今朝やっと走れたジョギングの速度で10倍走れればちょうどマラソン5時間ペース。遥か彼方の届かぬゴールだ。
 

 

recruit amakusa

tenboos

newcommer

akane banner

banner NP

psilink

windturbine banner

preceed thailand banner

drone banner

facebooklink