president

spacer

spacer

Home >> 社長の部屋 >> 社長アーカイブス >> 教訓論 >> 「誰にも負けぬ努力をする。」
「誰にも負けぬ努力をする。」

「誰にも負けぬ努力をする。」

 2015年1月12日

京セラ創業者稲盛和夫氏の言葉だ、事あるたびに思い出す言葉の一つだ。そして人に言いたくなる言葉だ。


 多くの人は手に入れたい物や欲しい幸せを語るが、そこに到達するための努力を見せてくれる人は少ない。たまにその努力を見せてくれる人がいれば、負けてる私に心地いい鞭を入れてくれる。

「負けてるなあ~」、この思いを人生で何度も感じる度にグウタラな自分が少し走った。走ってはまた歩き、また負けては走るのが人生だったような気もする。
 しかし、多くの人は手に入れたい地位や給与や物や幸せを語るがその努力を見せてくれないのに寂しく感じることも多い。「血の小便も出さずして成功を望むなら、それは傲慢だ。」と松下幸之助は言った。私も未だ幸之助に言わせれば傲慢なのかもしれない。

 少年時代は「努力と根性」が大嫌いだった。何時も手抜きとごまかしや近道を捜し、棚ボタをいつも夢見て、最低限の仕業で生きるグウタラだった。だから今は人の手抜きもごまかしも共感できるしよく見える。
 言い訳など聴いていると思わず笑いたくなるほど先が読める。そんな私が努力を語り始めたのは人生の面白さがここにあるからだ。私の努力は稲盛氏や幸之助のような天性ではない、グウタラ人間が手に入れたもの。イチロー選手など見ていると只々感服だが、まねることは出来ない、すごすぎるから。
「誰にも負けぬ努力をする」。いつも私の弱い心に語りかけ歩く私を少し走らせてくれる言葉だがいつも負けている。しかし、少なくとも努力をしないで成功を手に入れたいと思うほどの傲慢な人間ではないのが私の小さな誇りだ。

 

※2015年1月12日社長トップメッセージより

 

newcommer

akane banner

banner NP

windturbine banner

psilink

preceed thailand banner

drone banner

facebooklink